ナイトワークを辞めたい理由を考えてみよう

ナイトワークは短期間で昇進・昇給できるなど、様々な魅力を持ちますが、その一方で完全に身を引く方も少なくありません。
現在お悩みの方もいるのではないでしょうか?ボーイを辞めるのも一つの手段ですが、辞める前にナイトワークから足を洗いたい理由を考えてみましょう。もしかしたら、このような理由ではありませんか?

・昼夜逆転生活に慣れない
・体力的に辛い
・厳しい世界に疲れた
・将来に不安を感じた

上記のような理由で辞める方は多いです。当てはまる方は、昼職への転職を考えてみましょう。
逆に思ったより大変だったなど、理想と現実のギャップを感じた場合、辞める理由を深く考えなくて問題ありません。
ボーイは向き不向きが分かれますので、ご自身には向いていなかった可能性もあるからです。
深く考えず、単に不向きだったと割り切るのが良いでしょう。

元ボーイにおすすめの昼職はこちら

ナイトワークから足を洗った場合、候補となる転職先は昼職全般です。ただ、昼職と言えど多様な職種があり、専門性が求められるものも少なくありません。
逆に皆さんはボーイの経験者ですから、経験やスキルを活かせる職を選ぶと良いでしょう。
ボーイの経験が活きる仕事は3つほどあります。

・飲食店のウェイター
・販売・サービス業
・営業職

転職先に迷ったら、これらの仕事を選んでみましょう。

飲食店のウェイター

飲食業界は人手不足が顕著で、とにかく人材を欲しています。一方のボーイは、ナイトワークであるとともに接客業でもあります。
このため、飲食店のウェイターは経験を100%活かせる昼職です。即戦力としての活躍も期待できますので、給与・待遇なども有利な条件で働けるでしょう。勤務形態も同じため、最も転職しやすい仕事です。

販売・サービス業

接客経験を活かし、販売やサービス業へ身を投じるのも良いでしょう。
一例ですが、小売店の販売員になれば、お店で学んだホスピタリティが活きます。サービス業の場合ボーイは厳しいマナーを叩き込まれていることから、ホテルのフロントの仕事も候補に入るでしょう。
接客経験も活きるため、飲食以外の仕事を希望する方におすすめです。

営業職

昼職の定番と言えばサラリーマンですが、特に営業職はボーイ向きの転職先と言えるでしょう。
こちらもホスピタリティが活きるうえ、ボーイの仕事で叩き込まれたマナーも強みとなります。ボーイ経験者はメンタルも鍛えられていますから、我慢強さが重要な営業職にピッタリです。
サラリーマンを望むなら、一度営業職を検討してみましょう。

昼職への進路がすでに決まっている人へ

すでにナイトワーク業界から身を引き、昼職への転職が決定している方もいらっしゃると思います。
昼職は昼職で大変ですが、まずは全力で頑張ってみましょう。新たな発見があるかも知れませんし、人生の転機が訪れる可能性もあります。
ナイトワークのことは一度忘れ、心機一転昼職にチャレンジしましょう。

ナイトワークが恋しくなったら、ボーイの仕事を再検討するのもおすすめです。
ナイトワーク業界は、いつでも皆さんを待っています。昼職に疲れを感じた時、再び身を投じてみるのも良いでしょう。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!