ボーイを辞めた後の進路はどうするべきか

仕事に疲れ、お店を辞めるボーイは少なくありません。しかし、今後どうするべきか悩んでいませんか?
辞めるまでが大仕事ですから、退職後しばらくはホッとするでしょう。けれど、少し経つと焦りが出てしまい、それがストレスになる場合もあります。
特にその時の勢いで辞めた方は、今後のことで大きく悩んでしまうでしょう。
でも問題ありません。なぜなら、お店を辞めることで将来の選択肢が広がるからです。

おすすめはもう一度ボーイになること

もし何をしたいか決まっていないなら、もう一度ボーイを始めてみてはいかがですか?
変な話に思えますが、実は経験者を優遇してくれるお店が多いのです。キャバクラは人手不足のお店が多数を占めており、即戦力として働ける人材を欲しています。
ボーイの経験者は給与・待遇面で優遇されやすく、これまで以上に有利な条件で働ける場合もあるのです。経験次第では即幹部採用か、すぐ昇進できるパターンもあります。

また、ボーイの仕事そのものが魅力に溢れています。やりがいはもちろん、ナイトワーク独特の世界に触れることもできます。
苦労を乗り越えると収入も大幅に上がります。常に大きなチャンスが転がっていますので、ボーイに再チャレンジするのも悪いことではありません。

経験を生かして夜のサービス業で働いてみる

ボーイはあくまでも接客業です。大半の仕事はウェイターであり、他とは違った接客スキル・経験を持つのが最大の強みといえます。
これらの経験を活かしたいなら、ボーイ以外のサービス業に転職するのも一つの手段でしょう。
特に夜間営業のサービス業であれば、生活リズムを変えることなく転職できます。

キャバクラ以外のナイトワークなら、高級クラブも候補に入ります。しかし、ナイトワークと類似している居酒屋や高級レストランも候補に入るでしょう。
これらはキャバクラと異なる点が多いものの、夜間営業が基本です。その一方でお客さんの案内やウェイター業務など、ボーイの仕事と共通する点もあります。
経験を活かしやすく、転職しやすいのもメリットです。

お酒の知識があるならバーもおすすめです。ボーイとバーテンダーの立ち振舞は近似しており、身につけたマナー・接客スキルを活かせます。
もうボーイの仕事をしたくない方は、バーも候補に入れてみてはいかがですか?

ナイトワーク自体辞めてしまい昼職につく

ナイトワーク自体に疲れてしまった方は、思い切って昼職に挑戦するのも良いでしょう。
ボーイから一般的なサラリーマンへの転職は珍しくありません。生活リズムの改善こそ必要ですが、夜の喧騒から離れ、普通の安定した生活を望むならおすすめです。

経験を活かすなら営業や販売部門が最適でしょう。これらは人付き合いが重要な仕事です。
ボーイの時に得たホスピタリティが要所要所で発揮され、役立つケースも少なくありません。
意外ですが、サラリーマンとボーイは人付き合いの側面を見ると近似しています。ただし、昼職には昼職のビジネスルール・マナーがあるので注意しましょう。

身体と心を休めるため一旦無職期間を過ごしてみる

疲れたならば、しばらく無職で過ごしてみるのも良い選択です。生活面への不安が残りますが、家族や行政の支援・補助制度に頼るのも悪くはありません。
ボーイの仕事は非常にハードで、心身ともボロボロになる方が沢山います。そうなる前に辞めるのがベストですが、すでに心身に疲れを感じているなら一度休むべきです。

心と体がボロボロの状態で転職しても、再び同じ事態になる可能性を否定できないでしょう。
だからこそ休むべきなのです。自分の趣味に没頭してみたり、時間に縛られず自由に過ごしてみましょう。全てをリセットして、英気を養うことが大切です。

ボーイに戻ってこようと思えばいつでも戻れる

数年後に再びボーイをやりたいと思ったら、また戻ってくるのも良いでしょう。他の仕事だと、ブランクが足かせとなって中々戻れないですが、ボーイの仕事は影響を受けません。
例え3年後・5年後の期間が空いたとしても、戻ろうと思えば戻れるのです。特に経験者はブランクが何ら問題にならず、逆に経験が強みとなります。

また、ナイトワークそのものが変化に乏しい世界です。数十年前と比べたら大きく変化していますが、5~10年程度のスパンでは、目に見える変化が起こりません。
体力面の問題は残りますが、数年程度のブランクなら問題なく戻れます。
「またボーイをやりたい」と思う日が来たら、ボーイへの再転職も検討してみましょう。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!